霧島ガーデンプレイスの想い


 公園deゴザチャレンジ。これは東京、南池袋公園から始まった「ゴザを無料で貸し出すサービス」。

そのままでは廃材になる、古ゴザを畳店様よりイベントへ提供していただき、ご来場者様へ古ゴザを敷物として利用していただくというもの。地元の畳店様のご協力を得ながら、多くの想いをのせて、この取り組みを霧島ガーデンプレイスでも実施しています。

協力畳店:けんこうタタミ・ふすま店(霧島市牧園町)

presented by ピソコモド

Thought 1

 畳が少なくなってきている現代において、単純にい草(ゴザ)に触れ合う機会をもっと作りたいという想い。

Thought  2

 畳店様が廃棄するもの(古ゴザ)をなるべくリサイクルできないかという想い。

Thought  3

 日常の公園の中に、ゴザを入れ込むことにより、よりゴザが身近になり、それを提供してくれる畳店様が地域の中でより身近になって欲しいという想い。

Thought  4

 ビニールシートは芝生に良くないという事を聞いたので、芝生への想い。